ダージリン倶楽部  Vol.001

NEWS 2020 / 9

ダージリンのセカンドフラッシュの摘み時期である8月も、コロナウィルスによるロックダウンと、大雨の影響によって茶葉の生産がひどい打撃を受けました。全体的な生産量は、昨年に比べ大きく落ち込み、茶葉の生産に理想的な気温である20〜25度より低い気温になった9月での生産量のカバーも、この気候により茶園オーナー達は弱腰になっています。2020年1〜6月の北インドに位置する紅茶産地の生産量が2019年の同時期に比べ、40%ダウンした悪い状況です。

この様な状況でも、えいこく屋では現地との独自のコネクションで、今年も品質の高いダージリンセカンドフラッシュティーを各茶園から産地直輸入しております。

現地から届く、数多くのオファーサンプルで実際に試飲することが出来た、品質の高い“味・香り・色”のある紅茶の中から、さらに、茶園の標高にも合わせ各茶園オーナーが予想する品質のピークのアドバイスもあり、倶楽部会員様にぜひお楽しみいただきたい、素晴らしい茶葉を仕入れることが出来ました。

シンゲル茶園・シンブリ茶園・オレンジバレー茶園・キャッスルトン茶園・マーガレットホープ茶園 ダージリン5産地の商品販売中

PAGE TOP